Aruyo

瓜の蔓に茄子はならぬ

DEFCON Kidsで行われるCyFiのプレゼン終了後24時間以内に、この脆弱性が存在するゲームを最も多く発見したちびっ子ハッカーに100ドルの賞金が贈呈されるという。賞金を提供するのは、DEFCON Kidsの主催者でもあるID保護企業AllClearIDだ。DEFCONのプログラムの1つとしてDEFCON Kidsが開催されるのは今回が初めてで、ハッカーコミュニティのメンバーが年齢を重ね、家庭を築いている現状を反映している。

via 10歳の少女がゲームのゼロデイ脆弱性を発見--「DEFCON 19」で発表 : CNET Japan

なかなかCoolなハンドルのお嬢ちゃん。ハッカーも齢を重ねGeekの遺伝子は引き継がれている、というのが老けた気分。しかし、こうした新世代のために場をちゃんと支援する動きがあるというのは良いなあ。

日本もそろそろハッカーとクラッカーくらいちゃんと区別をしてほしいよなあ。インターネット以前から言われているのに未だ混同の誤用様よね。ほんと馬鹿なマスコミは不勉強にもほどかあるわ。