Aruyo

本対策か副作用か

先日、副アカについて書いたばかりだけど。

ingressのアプデ、カプセルの出し入れでアイテムのフィルタリングとソートが追加されたのと、キーカプセルなるものがデータとしてあるとちょっとした話題になっていたみたい。実際のところ、カプセルは入れる時は有効でも取り出す時はバグでソート出来ないみたいだし、キーカプセルはデータ解析でのものなのでアンロックされてないというか未実装というか。

私としては、神アプデとまではいかないけどなかなかこれは ! と思えたのが、アプリからサインアウトした時の処理の変更だったりする。今までは、サインアウトしてもアカウント情報 ( のhash化されたtoken ) が端末に保管されていて選択するだけで認証作業をせずにそのままサインインできたらしいのだけど、今回からそれが出来なくなってサインインの都度認証が必要になった。

「らしい」って曖昧ですまぬ。今まで自らサインアウトしたことがなくてな。Googleアカウントのセキュリティ設定を変更した時に自然にサインアウトしてた事があった程度なので、アプデ前の事はよくわかんないんだけど。聞いたところではそういう仕様だったので複数アカウントもさっと切り替えできたとのこと。今回のアプデで都度パスワード入力画面が出るもんだから、まっとうにパスワードを設定していたら現地で思いだせず大変になっていたそうな。

( 心の中でちょっとザマミロしたのは正直な感想 )

確かに、複数アカウント使っていた人は結構面倒な事になってるのは容易に想像がつく。簡単なパスワードにすれば入力の負担は幾分が軽減されるだろうけど、認証の手間はかかるのでスピードはどうしてても遅くなる。切り替えるのが面倒といえば面倒というか。ちょっとした抑止力にはなったようで、アプデがきた直後から「あれば複垢だろうなぁ」と目星をつけていたエージェントがいくつか急にソロ活動になっていたので、なんだか笑ってしまった。

たぶん、複数アカウント対策でなにがしかやったんではなく、Googleから独立したので認証に使えるAPIかフレームワークのクラスが変わったためとか、そんなところだと思うけどね。やろうと思えば自身でローカルに複数アカウント分の記憶領域を保持すればいいのだろうけど、そうしなかったのは対策も兼ねていたのかもしれない。

偶然の副作用か、本腰の対策か、さてはて。

まあ、端末を複数持つとかすれば解決しちゃうんで対策にはならないけどね。安い中古やお古の端末で起動して本機からテザリングすればいいんでしょ。それに、単独の端末でも回避する方法は見当がつく。よほどの情弱でもなきゃ気づいているしもうそれで運用しているはずだけど。なので、これも一時的なもので数日のうちに複アカでペアみたいにして動き始めることでしょうな。