; archive | aruyo ( アルヨ ) - 令和二年の秋 徒然なり

Aruyo

令和二年の秋 徒然なり

トルクスドライバーが届いた。
これで分解が捗りそう。

請求が滞ってる。
相変わらずお金くれと言う勇気がない。

曲の歌詞で感動したことがない。
歌うのは嫌いでは無いけど。

教えるのが上手いと言われる事がある。
疲れるけど。

旧いゲームを手に入れた。
いつ着手しようか楽しみ。

深夜の背徳が止まらない。
何故に蕎麦は旨いのか。

福岡に用事を放置してる。
そろそろ呆れられそう。

ポケGOで初めて石を使った。
なにこれ見た目が好みだわ。

ホームページのデザインが進まない。
お金にならず凹む。

近所のおばさんが5Gで世界が変わると本気で信じていた。CM怖い。

久しぶりにアルコールを摂取。
やば美味いぞ世界は素敵だ。

お腹周りがマジやばい。
でも運動はしたくない。

ウクレレを取り出す。
弾けないけど適当にかき鳴らす。

ネットワークビジネスに勧誘されている。
どう断ろうか。

横断歩道で止まって子供に譲る。
背後からクラクションを浴びる。

スーパーの見切り品ハンター化。
廃棄が多い事に憤る。

ちょっといい珈琲を飲む。
静かな空気が身に滲みた。

領収書にハンコを押す。
不要だから変わった判を押す。

火星が綺麗だ。
冬の星座を見上げてため息をつく。

絵を描きたい。
楽器も吹きたい。