Aruyo

JASRACの敗訴に心躍る

第一審判決はJASRAC勝訴で動向が気になっていた件。徴収表明から4年目に突入して今度は音楽教育を守る会の勝利。

そもそも論的に言うなら、JASRACがきちんと分配している(できる)前提が整ってから協議を進める話であって、正しく分売できていないのに先に徴収を広げるのは無理があると思うのよね。信用されていないという自覚が無いのがダメだという点。

私としては35年前の高校生の時に既にJASRACと口論して以来ずーっと信用できないので、JASRACの解体を望むばかりにちょっと穿った見方しかできないのがアレだけど。それでも「教室」からの徴収はちょっと納得できないかなあ。