Aruyo

森の音楽会

久留米競輪場の広場でイベント。
天気に恵まれて良かった!
音楽も良かった!
もっとアーティスト増えると嬉しいかな。

競輪場のある地元自治会が主催する音楽祭なのだけど、主旨は周辺にある軍事施設などの遺構と忠霊塔などを後世に正しく伝え残そうという割とお堅いもの。でも、教育委員会の方の話も興味深いものだった。

軍の誘致当時は久留米市は今の西鉄久留米のあたりまでしかなく、諏訪野町や南などから御井町あたりまでの一帯は「国分村」で、軍都の痕跡が各所に点在しているのだけどその中心が忠霊塔ということらしい。

ブリヂストンの石橋財団が持つゴルフ場やら役員の社宅やらもあって、隈山の辺りは「山手」だったんだなぁ...という感想。今はどっちかというと競輪場とギャンブル中毒の集う場所というイメージだけどな。

今は減ったけど、私の幼少時には競輪の度に道は大渋滞、小学校の周辺には車券と水色キャップの赤鉛筆が大量に投げ捨てられ、川沿いや学校敷地にあった屋外便所にはエロ本がいっぱい捨てられていたものだ。

その治安の悪い雰囲気は今も残っていて、残った遺構にもスプレーの落書きが目立つし、野良猫のためのハウスがあちこちに置かれてばら撒かれた餌にカラスが群がっている。人に攻撃的な猫もいる。

これらを自治会として明るくしようという動きなのだけど、その自治会内部も音楽祭の開催には反対派がいてちょっと大変らしい。市の助成が決まってから後出しで声をあげるあたり、金が絡むと汚い人が出てくるな、と。

まあ私個人的には競輪場自体を消すのが一番と思ってるんだけどね。